2010年12月29日

執行役と執行役員

この二つ、似て非なるという言葉がぴったりですが、

ご存知ですか?

執行役は会社法上に規定されるもので、委員会設置

会社の業務執行機関として、取締役に代わって業務

執行を担当する者をいい、商業登記が必要となる。

一方、執行役員は法律上に規定されるものではなく

代表取締役の任命によって会社の業務執行を担当す

る者をいいます。法定ではないことから、推測でき

ますが、執行役員は商業登記は必要ありません。

イメージは業務に特化し、現場の運営を取り仕切っ

て取締役をサポートするのが執行役員です。

さて、税務上の取り扱いはどうなるのでしょうか?

執行役は法法2条15号に、明記されているので役員

として役員給与の規定が適用されます。

次に執行役員は、法定の役員の部分から外れますが

法令7条1号のみなし役員規定が適用される場合には、

役員給与の規定が適用されます。

したがって、経営に従事しているか否かの事実認定

によって判断されます。


参考になったと思った方はをポチッとお願いします。
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ 
posted by きろむひ at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 税務の記録

2010年12月28日

三菱UFJモルガンスタンレー証券と相続手続き(その2)

納税者の方よりモルガンスタンレー証券から、相続手続きに関する

リアクションがないと連絡がありました。

今回の手続きは、配偶者間でモルガンスタンレー証券に預けられて

いる債権の相続手続きであり、相続する相続人はモルガンスタン

レー証券の口座を所有していない。

したがって、相続する相続人は、モルガンスタンレー証券の口座を

開設しなければならない。

この、開設手続きはモルガンスタンレー証券で当然手続きはできる

が、三菱東京UFJ銀行の支店窓口でも同様に行うことがで

きる。

銀行窓口で行う場合は、証券仲介ビジネス部という扱いに

なる。今回の案件は、被相続人は銀行窓口で口座開設して

いるため、証券仲介ビジネス部扱いになっている。

先日、相続手続き及び残高証明の発行手続きを行うため、

納税者と銀行窓口に伺った際には、書類の提出のみで完了

し、口座開設手続きの件は、どのように説明されたか記憶

がない。

結局、モルガンスタンレー証券に問い合わせると、必要な書類はす

べて整っているが、相続する相続人の口座を開設しなけれ

ばならないとのこと。

それなら、前回、銀行窓口に行ったときに、進めてくれれ

ばよかったのに・・・。

どうも、どうも、対応が円滑でない気がする。

結果的に、納税者の方が銀行窓口へ伺い、口座開設の手続

きをすることになりました。

ちなみに、口座開設手続きは、窓口で口座開設の書類作成

を行い、その後、モルガンスタンレー証券より、説明書が届く。

それから、モルガンスタンレー証券から、電話にて商品説明及び取

引約款的な説明を受けて、初めて口座開設という手筈。

なんと、まぁ、大変な。

これも、金融商品取引法による影響です。

参考になったと思った方はをポチッとお願いします。
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ 
posted by きろむひ at 09:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続全般

2010年12月27日

年末です

クリスマスが終わって、世の中は年末の雰囲気に一気に

様変わりですね。

いろいろと、書きたいことが山ほどあるのに・・・、

忙しいと言い訳をして、明日以降に持ち越したいと思い

ます。

忙しいとは、「心」を「亡」くすと書きます・・・。

posted by きろむひ at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年12月23日

祝日ですが・・・

相続税の改正について、問い合わせがありました。

相続税対策をした人にとっては、大きな問題ですよね。

せっかくの対策が、ひょっとしたら、水の泡かもしれま

せん。

いくつかの相続税対策のお話をしました。

とても、興味をもたれたようです。

納税者のために祝日でも頑張ります。手(チョキ)
posted by きろむひ at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年12月22日

三菱東京UFJ銀行と相続手続き(その5)

被相続人(死亡した人)の三菱東京UFJ銀行の残高証明

を取得する方法を紹介します。

と、いうのも検索ワードで「三菱東京 残高証明 死亡」

というものが結構ありましたので、困っている人や知り

たい人がいるのかということでの紹介です。

銀行に所定の用紙(残高証明書請求依頼書みたいな)が

あります。

そこに、「故○○ 相続人代表××」とし、相続人代表が実

印を捺印し、印鑑証明書の提示が必要になります。

印鑑証明書は原本を提出すれば、返却されます。


参考になったと思った方はをポチッとお願いします。
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ 
posted by きろむひ at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続全般

遺産分割協議書作成マニュアル

本日の紹介は、


 「遺産分割協議書作成マニュアル」新日本法規
  編集:永石一郎他

第一章は総論として、遺産分割協議書に関する論点が

解説されています。

そして、第二章にケース別の文例が多数掲載されてい

ます。

この書籍の良いと思う点は、根拠の明示=条文の記載

と、関連する判例の記載がしっかりとされているとこ

ろです。

また、巻末には「キーワード検索」が設けられており

例えば、認知症→149ページというように、キーワード

から、探すことができるのも便利です。

判例の索引も掲載されています。

全部を読み深めるというより、実務的に利用するイメ

ージでしょうか。

また、執筆は50名程度の弁護士が関わっています。

アマゾンで購入することができます。



参考になったと思った方はをポチッとお願いします。
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ 

posted by きろむひ at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 専門書の書評

2010年12月21日

ザ・税務調査

いやー、忙しくて最近記事の更新する危ういです。

ですが、年末年始の休み中の読書のため、4冊ほど

書籍を購入しました。

まだ、ざっとしか目を通していませんが

 「ザ・税務調査」牧野義博(税理士)
  大蔵財務協会

出版社が大蔵財務協会だけあって、巷にあふれる、

あやしい、脱税本の類とは一線を画します。

たくさんの事例をベースに税務調査を語ってあり、

また、調査官と納税者の会話スタイルの切り口で

非常に読みやすいと感じます。

一般の方には、若干、小難しいところもありますが

いろいろな事例を体感できて良いと思います。

アマゾンで購入することができます。




参考になったと思った方はをポチッとお願いします。
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ 

posted by きろむひ at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 専門書の書評

交通事故と示談(その3)

示談交渉が完結しました。

警察にも届けず、保険会社も通さず、損害賠償として

80万円支払ってもらいました。

前回、といっても、かなり前の記事ですが、覚書を作

成して署名押印してもらったのですが、印鑑は認印・

住所確認できるものがなく・・・。

甘いですね。情けないです。

車両の修理代の見積もりが75万円だったため、相手が

気の毒になってきまして。

本当は、逸失利益(私が見積もり作成のために費やし

た時間や、書類作成に投じた時間により失った利益)

等々として「慰謝料」として金額に換算するつもりだ

ったんですが。

結局、作成した示談契約書には、

「車両修理に関して生ずる甲の滅失利益及び
 代車料(以下、「慰謝料」という)につい
 ては、乙の資力として可能な範囲で妥当な
 金額によって乙自身が決定するものとし、
 甲は当該金額について異議を申し述べない。」

としました。他の人からは、人が良すぎるとか相手が

余計と困るのでは?というような意見がありました。

まぁ、身体的には問題がないですし、相手も僕とそれ

ほど年齢も変わらなく、子供でもいたら、この年末に

いくら、自分が悪いといえ、結構な金額で、可哀そう。

そして、私が作成した「示談契約書」をメールにて送

信して、戻ってきました。

実は、示談契約書を送信したメールに、実印を捺印す

るか、認印の場合は、住所・氏名・生年月日等の情報

が確認できるように、免許証等のコピーを添付して送

って下さいとお願いしていました。

私の深読みなのかもしれませんが、この場合、普通免

許証のコピーしませんか?

でも、送られてきたのは、健康保険証のコピー・・・。

ひょっとして、免許証ないの?

あ、電話で言ってたっけ、最近事故を起こしたばかり

だって。

でも、営業だから、車には乗らないと。

だから、会社には言いたくない?

警察も困る?

もしかして、もしかして、免許証取消中とか?

なんて、思ってしまいました。

もしそうであって、私が悪人なら、、つけ込むんだろ

うなー。

言われました、人がいいと、いいことがあると。

今日、年末ジャンボ宝くじを購入しました。

あ た れ !
posted by きろむひ at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年12月16日

平成23年税制改正大綱

今年も税制改正大綱がでました。

まずは、印刷。。。。137ページあります。

まずは、よく、読んで。と。

近いうちに、大綱についての記事をupします。

ここのところ、業務が忙しいので簡素に行きます。
posted by きろむひ at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年12月14日

税制改正(相続税の基礎控除)

予想以上の改正になりそうですね。

基礎控除は、

まず、
 現行  5000万円部分 
      ↓
 改正案 3000万円

そして
 現行  1000万円×法定相続人の数
      ↓
 改正案  600万円×法定相続人の数


今までの相続税のシミュレーションがすべてパーですね。


posted by きろむひ at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続全般

2010年12月10日

名義変更等が行われた後に・・・

名義変更等が行われた後にその取消等があった場合の贈与税の取り扱いについて
    ↓
    ↓
    ↓
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kobetsu/sozoku/640523/01.htm
posted by きろむひ at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続全般

証券会社のOBの方

先日、証券会社にお勤めだった方とお食事をする機会が

ありました。

その中で、少し興味深いお話をおききしました。という

のは、証券会社への税務署の接触についてでした。

古い話だと仰っていましたが、各地方に転勤をされたな

かで、各地方の有名人の方の口座残高というものは、税

務署が把握した後は、毎年報告をしていたということで

す。

たしかに、生前から、金額はわかりませんが、一定レベル

を超える資産家の方については、個別にファイルもして

状況を把握しているそうですからね。

たくさん財産お持ちの方はお気を付け下さい・・・。


参考になったと思った方はをポチッとお願いします。
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ 
posted by きろむひ at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年12月09日

扶養控除の判定

最近、ある程度記事が蓄積されたこともあり、検索より

本ブログへアクセスして頂けているケースが多くなりま

した。とはいっても、人気ブログでもないから、しれて

いますけどね。

さて、今日の検索ヒットワードで

「扶養控除 年齢判定時期」

というものが2件ありました。

本日、私自身もお客様の年末調整を手計算及び手書きで

行いましたので、非常にタイムリーでした。

扶養控除の年齢については、本年12月31日の現況により

判定しますので、お間違えの無いように。


参考になったと思った方はをポチッとお願いします。
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ 


posted by きろむひ at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 税務の記録

2010年12月08日

三菱東京UFJ銀行と相続手続き(その4)

今日はとてもスムーズでした。

三菱東京UFJ銀行の預金についての相続手続きでした。

所要時間は約30分です。

まずは、相続届の提出。

本日は、被相続人の全戸籍のコピー及び相続人の戸籍謄本の

コピーを私が用意していかなかったので、原本を提示し、銀

行側が確認とコピーに時間がある程度かかりました。

ついでに、残高証明請求書を記載して提出しました。これの

み提出される人は実印及び印鑑証明が必要となるので注意し

てください。

あ、それと前回の説明と異なる点としては、印鑑証明書まで

コピーでよいとのこと。全部返却されました。

印鑑証明書は原本が必要という場合ばかり、と、思っていた

ら三菱東京UFJ銀行が、コピーでよいと。

ふーん。

今日は一つ、簡単な情報提供をします。

被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本を個人でとるのは、

意外と骨が折れる作業です。

でも、司法書士を使うとそれなりの手間賃がかかってしまう

ので、どうしようかと。

その際に使えるフォームを用意しましたので、ご参考までに。

これを提出してお願いしていけば、取れると思います。

戸籍謄本の取り寄せツール.doc


参考になったと思った方はをポチッとお願いします。
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ 
posted by きろむひ at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続全般

2010年12月07日

大和証券と相続手続き(その2)

大和証券窓口にて相続手続きを行ってきました。

作成した書類は3通

 1.相続上場株式等移管依頼書(贈与・相続・遺贈)
 2.特定口座開設者死亡届出書兼特定口座廃止届出書
 3.預託物件返却申請書兼相続に係る分割返却依頼書
 
 1は特定口座間で移管をするもので、相続というより
 租税特別措置法施行令25条の10の2に基づく書類
 
 2も同様で特定口座を廃止する手続きで、措法37条の
 11の3及び11の6規定の適用がある場合の施行令の書類

 3が、大和証券独自の書類
  記入する内容は概ね以下の通り
   @被相続人 氏名・取扱店・口座番号・住所
         死亡年月日
   A相続人 氏名・実印・住所
   B相続財産明細
    ※今回、有価証券が多量だったため、通常の書類
     と明細書を袋とじにして「残高明細書のとおり」
     と記載させることで対応してくれた。
     その代り、割り印が必要となった
     臨機応変な対応で、誉めてあげたい
   C代表相続人 氏名
   D相続財産の返却明細 だれが、なにを、どれだけ

提出書類
  ・被相続人は出生から死亡まで全戸籍
  ・相続人は現在戸籍
  ・印鑑証明書(原本)

したがって、留意点をまとめると

 相続人は自署・実印
 大和証券への届出印が必要
 被相続人の全戸籍
 相続人の現戸籍

なお、午前10半開始、午前11時50分完了です。


参考になったと思った方はをポチッとお願いします。
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ 
 
      
  
   
   
   
posted by きろむひ at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続全般

2010年12月06日

個別評価照会書

相続税の課税財産である土地の評価は、大きく分けて路線価

方式と倍率方式があります。

しかし、この二つの方法ですんなりいかない場合があります。

それが、本日のタイトルなのですが、財産評価基準書に「個

別」「個」と記載がある場合に、少々面倒な手続き必要とな

ります。

http://www.nta.go.jp/nagoya/topics/kobetsu/index.htm

上記は、名古屋国税局の個別評価照会書手続きについてのペ

ージです。

先日、守山区(志段味)の土地にて当該手続きをしました。

守山にある土地の管轄は、名古屋中税務署の評価専門官が担

当なので、名古屋中税務署へ照会書を提出しに行きました。

受付の女性職員(部門名はわすれたが、バイトではかった)が

この専門官をお呼びしましょうか?と聞くので、必要はない

と答えたのですが、確認してきますとのこと。

もどってきたら、こういう手続きがあるんですよね?受付

してもよいんですよね?正直、あまり見たことがないので。

と。

なんか、不安だなーと感じながらも提出完了。

ですが、早かったです。回答が。

提出 H22.11.29
回答 H22.12.3

ここからは推測ですが、志段味の個別評価はすでに路線価

が設定されており、該当地だけ確定させれば、すぐに提示

できる状況なのだと思われます。

ちなみに、私のまぁ、間違いないだろう予想評価が73,000

円でした。

結果

70,000円でした。

いい線で推定できていました。

お客様は、少しでも安くなってよかったと喜んでいました

参考になったと思った方はをポチッとお願いします。
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ 

posted by きろむひ at 13:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続全般

2010年12月03日

判例

最近、判例のチェックができていません。

判例はとても重要です。私がよく最低半年に1回チェック

するのは、税理の付録で判例の回顧録みたいなものです。

当初は、判例の紹介及び意見もしたいなーと漠然と考えて

いましたが、それどころか・・・。

近いうちに記事にしたいと思います。明日は仕事なので、

今日は、控え目にこれくらいで。
posted by きろむひ at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年12月02日

年末調整

年末が近づくと・・・、そうです、年末調整がありますね。

うちの事務所のお客様は、かなり自形化がすすめられている

ので、年末調整の仕事でバタバタになることはありません。

でも、中には、数十人の従業員数で年末調整計算すべてを請

け負っているお客様もあります。

本日、扶養控除等申告書・保険料兼配偶者特別控除申告書を

受取りましたが、やはり、平成23年分の扶養欄の記載が変更

になっていることについての、理解が不足している記載があ

ります。

一般レベルで、当該変更をきちんと説明して、周知させて記

載させるのは難しいように感じますね。

総務経理の力の見せ所ですね。

また、扶養控除等申告書の運用の仕方が間違っている場合も

見受けられます。

毎年、11月ごろに翌年分の扶養控除等申告書が送付されます。

今年で言うと、平成23年分。

これを、平成22年分の年末調整用として作成している場合が

あってこれは、誤りです。

流れでいくと、

平成22年年末に届いた平成23年分を平成23年1月以降のお給料

の所得税計算のために記入させ、平成22年分の年末調整につい

ては、前年に作成した扶養控除等申告書を最新の状態になって

いる、或いは最新の状態に修正を行わせて行う。

これが、正解です。


参考になったと思った方はをポチッとお願いします。
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ 

posted by きろむひ at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 税務の記録

2010年12月01日

ブログ記事と検索ワード

ブログを開始して2ヶ月ちょっとが経過しています。

ほぼ、営業日には何かしら記事をUPしていることもあり、ある

程度の記述が蓄積されてきたのだなと感じることがあります。

というのも、最初のころは、検索ワードによるブログのヒット

はほぼありませんでした。

ところが、ここ最近、検索ワードから当ブログへヒットして閲

覧して頂けていることが、大変多くなりました。

もともと、一般の方に分かり易く、税務を語りたかったので、

ある意味嬉しい状況です。

ヒットした検索ワードは、時節を感じさせるもの、旬なものな

ど傾向があるのだなととても興味深く毎日確認しています。

今後も、どこかの誰かのお役に立てるように運営していきたい

と思います。

そういえば、本日宅建試験の合格発表がありました。じつは、

ちょっと興味があって、勉強して受験していました。

結果は、



合格



来年も何か資格試験に挑もうと思います。

今年こそはIT系の勉強に注力したいと考えています。
posted by きろむひ at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記