2011年03月30日

社会保険・労働保険の事務百科

「社会保険・労働保険の事務百科」
 出版社:清文社
 著者:社労・労働保険実務研究会

社会保険関係の手続きは社会保険労務士の業務である

ため、当該業務を請け負うことはないのですが、どう

しても中小企業の顧問の中で社会保険事務に関連する

問題に対応する必要があるため基礎知識として一定の

レベルにはあるつもりなのですが、確認などをするた

めに、この書籍を購入しています。

とにかくこの書籍の良いところを挙げると2つ。

 1.手続を軸に「すべて」が記述されている
    
   ⇒百科とうたっているだけはある

 2.申告書の記載例も合わせて掲載

ということではないでしょうか?

もちろん、根拠条文も網羅されています。確認のため

の参考書籍としては秀逸です。

また、このような記述形式であるため、専門家向けで

はなく、一般の方、企業経理の方が利用するにもよい

と思います。

現在は平成22年4月改定が最新版です。

↓アマゾンで購入することができます。





参考になったと思った方はをポチッとお願いします。
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ



posted by きろむひ at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 専門書の書評

2011年03月29日

賃貸住宅オーナーのための確定申告節税ガイド

「賃貸住宅オーナーのための確定申告節税ガイド」
 出版社:清文社
 著者:植木保雄

一般納税者が、不動産所得に関する税務を学ぶための

書籍です。

タイトルにもあるように、個人=申告所得税に関する

内容です。

節税とありますが、私からすると、当たり前のことが

記述されています。

賃貸住宅オーナーの入門書としては、内容も平易な言

葉で、解説を心掛けているのが伝わりますから、よい

のではないでしょうか?

不動産管理会社についても、ある程度ページを割いて

おり、表面だけではなく、少し踏み込んだ節税策も解

説されています。

値段も1,400円と割安です。

↓アマゾンで購入することができます。



参考になったと思った方はをポチッとお願いします。
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
posted by きろむひ at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 専門書の書評

2011年03月25日

wimax

今電車の中で、記事を書いています。

wimaxの通信接続がこれほど安定しているとは思っていな

かったのですが、かなり「イイ」感じです。

今日は、珍しくプライベートで食事に行ってきました。と

は言っても、以前記事に模した1本75円串が食べられる

名駅近くの「八幡屋」です。

その後、近くにあるラーメン屋「南山」で醤油とんこつの

ラーメンを食べて完了。

今日は、久しぶりに気を張らない楽しい食事をして過ごす

ことができました。

いろいろ、ばたばたとする仕事の案件もあるのですが、た

まには、ということで。。。。
posted by きろむひ at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年03月24日

決算の打ち合わせ

3月も残すところあとわずかになってきました。

3月決算の法人様はやはり当事務所でも件数は多いため、

今月は中旬までは確定申告と3月決算法人の決算対策や

節税関連の打ち合わせなどなど、とても忙しい時期にな

ります。

で、本日もクライアント様と決算数値の打ち合わせをし

たのが、最後で、やっと今月はホッとできそうです。

とうことで、今日は疲れたのでこの辺で終わりにします。
posted by きろむひ at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年03月23日

原発付近の土地価格

福島の原発は大きな問題となっていますね。

どうしても仕事柄気になってしまうのですが、今回

の震災によって死亡した方の中で、原発近辺の不動

産を所有していた人がいると思うんですね。

もちろん、津波によって破壊された町の中も同様な

んですが、こういった土地の評価ってどうなるんで

しょう。

亡くなった瞬間に土地の価値も同時に下がっている

はずでしょう。

今回の震災での死亡・行方不明者が2万人を超える

ているということは、想定ですが、1000人弱は申告

対象と考えられます。

被災者を慮った処置などがなされることを切に願い

たいです。
posted by きろむひ at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 税務の記録

2011年03月21日

相続税の還付サービス

ある時から、タイトルのようなホームページを多く

みるようになりました。

相続税は財産の評価が簡単ではないため、実際には

評価額が高く申告されているケースがあるのでしょ

う。

従って、そこに目をつけ、財産評価をし直して相続

税の還付を受ける。

更正の請求という手続きですね。

このサービスで疑問を感じるのが、なぜか多くの業

者が還付税額に対して一定の率で報酬を取るわけで

す。

還付税額はその申告に係る税率などに影響されるた

め、実際の再評価などの手間に比例しない場合がほ

とんどだと思われます。

そうすると、手間とノウハウに適合した報酬額では

ないように感じます。

これも、商売といえばそれまで、ですが。。。。
posted by きろむひ at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続全般

2011年03月19日

何をすべきなのか

ごめんなさい。

震災の話ではありません。

最近少し考えさせられることがありました。私は

お客様の力に少しでもなれるように、自分のでき

る限りの支援をしたいと常日頃考えています。

時には、税理士として業務を逸脱した内容、もち

ろん法令に反するようなことを意味するのではな

く、例えば仲裁的な内容のものだったり、人助け

的な内容のものを意味します。

ですが、結局のところ自分に完全な問題解決能力

があるわけではないので期待に応えることができ

ない場合も多々あるわけです。

あるとき、結局は助けられないよね、というよう

な意見を頂くと、もともと、私にも専門分やとか

立ち位置とかというようなことで、なんともなら

ないのも仕方ないと感じるときもあるんです。

そうすると、もともと、「そんこと、私に言って

も解決しませんよ」って突き放すのがいい?

いや、それは違うと思う。

そのあたりのバランスにすこし悩んだという愚痴

っぽい話ですね。

でも、やっぱり、できる限り頑張ります。

今日は、ダラダラ長文でした。ごめんなさい。
posted by きろむひ at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年03月17日

健康診断や人間ドック費用の負担

昨日現物給与関連のお話しだったので、今日も同様の

テーマです。

これから春先は企業においては、健康診断などのシー

ズンですね。

では、この費用負担については、各社様々なケースが

あります。

全額会社負担。内容によって一部会社負担などなど。

たとえば、次のケースはどうでしょう?

40歳以上の従業員(役員を含む)に一律人間ドック

の検診を実施する。

検診にかかった費用については、会社が医療機関に支

払い全額を負担する。

この場合は、一部の従業員や役員のみを対象にしてい

るものではなく、福利厚生としての機能と認めること

ができ、また、経済的利益の額が多額であるとは考え

られないので、給与課税する必要はないということに

なります。

つぎのようなケースは結論として給与課税されると考

えられます。

従業員がそれぞれ人間ドックを受診し、受信者は領収

書の提示によって、会社はその半額を現金にて支給す

る。

こうなってしまうと、一部の従業員となり、福利厚生

としての機能はなく、また、現金支給の手当と何ら変

わらずに給与課税の対象となると考えられます。

従って、従業員が多い場合などは、源泉所得税の問題

は特に金額的な影響を含め看過できないテーマとなる

でしょう。


参考になったと思った方はをポチッとお願いします。
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
posted by きろむひ at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 税務の記録

2011年03月16日

食事代(昼食)の負担

昼食に関する源泉所得税の論点です。

世間一般的には、昼食は自己負担で行われてる会社が

多いと思います。

なかには、社員食堂で外でのランチより安く済ますな

んていう場合もありますね。

この論点についてですが、現物支給と現金支給と混同

した記述が以外とあるように思います。

現金支給は、当然に給与として課税されます。

現物支給の昼食について、

 ・食事代の半額以上について従業員が負担している
 ・会社負担が一人あたり3,500円以下である

上記のいずれにも該当する場合には課税しないという

ことであり、あくまで「現物支給」であって、金銭支

給の場合には当該論点は存在しないということには注

意してください。

参考になったと思った方はをポチッとお願いします。
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
posted by きろむひ at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 税務の記録

2011年03月15日

全て完了しました

遅ればせながら、確定申告本日すべて完了しました。

申告書の作成などはすでに終わっていたのですが、

税務署への提出が本日になったものがあるため、今日

ですべて完了ということになります。

ということなのですが、現在の東北地方を想うと、

自分が何をしたらいいのかと考えてしまう日々を数日

過ごしています。

頑張ろう東北!

頑張ろう日本人!

まとまろう日本!
posted by きろむひ at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年03月11日

ひと段落

確定申告はひと段落しました。

が、今月は3月なので、決算月のお客様の対応が

まだまだ続きます。

頑張ります。
posted by きろむひ at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年03月09日

さすがに・・・

例年にはない状況です。

年々忙しくなっているのは、悪いことではないので

すが、忙しい状況の質が問題です。

日々の行動目標をキチンと遂行できていないことに

よる影響も出ています。

反省。
posted by きろむひ at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年03月07日

広告宣伝とブログ

今日は、確定申告ということもあって、いわゆるエステ

サロンを経営されているお客様と打ち合わせがありまし

た。

私自身、ブログを始めたきっかけが、事務所のホームペ

ージを支援する形でブログを運営したいという動機だっ

たのですが、いまのところ、まだまだ、そこまで手を加

えることができていないのが現状です。

さて、そのお客様は、モバイルサイトも現在運営されて

おり、事業内容から考えても、通常のホームページより

モバイルサイトの方が、マーケット的には適合するので

はないかというのが、個人的な意見なのですが、いかが

でしょうか?

ホームページやブログ、特にブログは記事の更新と歴史

(運営期間の長短)が重要と感じます。また、記事の書

き方も同様です。

今日は雑感ということになりました。

下記は、上記のお客様のホームページです。

是非、ご覧ください。

http://www.soin-esthe.com/


参考になったと思った方はをポチッとお願いします。
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
posted by きろむひ at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年03月04日

介護費用と医療費控除

昔の先輩、あ、同年だったね、から質問がありました。

介護サービス事業所の領収書には、医療費控除の対象

であるか否かが明記されているかとは思うのですが、

介護サービス関係の医療費控除については「情報」と

いう取扱いにて国税庁の以下に資料があります。


http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/joho-zeikaishaku/shotoku/shinkoku/061204/index.htm

ここにある別紙1PDFファイルを参照すると分かり易く

書いてあります。

参考になったと思った方はをポチッとお願いします。
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
posted by きろむひ at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 税務の記録

2011年03月03日

刈谷税務署

本日は朝から刈谷税務署に行きました。

刈谷税務署は、名古屋市内の税務署と違って税務署で

確定申告の相談会場を設けているため、この時期はも

のすごく混雑します。

従って、9時前に到着するように・・・、ところが、

すでに、多くの納税者の方がお待ちしていました。

長蛇の列・・・。

今から何時間もかけて申告書を相談しながら作るん

ですね。

とても大変です。

ということで、贈与税の納付書をもらってお客様の

ところへ。と、駐車場がまだ9時過ぎというのに、

ごったがえしていました。
posted by きろむひ at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 税務の記録

2011年03月02日

増資について(その4)

前回までの増資の手続きで、情報不足かなと思ったの

で、あらためて、です。

資本金が増額するわけですから、登記事項となります。

従って、株主総会においての決議事項として、次の2

つが必要です。

 1.減少する剰余金の金額
 2.効力が生じる日

ちなみに、当たり前の感じもしますが、剰余金がマイナ

スになっては、いけません。ただし、ゼロはOK。

ということで、実費としても、コストが発生します。


参考になったと思った方はをポチッとお願いします。
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
posted by きろむひ at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 税務の記録

2011年03月01日

増資について(その3)

利益準備金及びその他利益剰余金から資本金へ組み入れ

た場合の均等割についての取り扱いの答えです。

法人税法上は、資本金「等」、この「等」がミソですが

資本金等及び利益積立金について変動が生じないため、

表示上の資本金が増加しても、均等割は増加しません。

しかし、法人税法上、資本金まわりを基準として適否

が変わる制度がいくつかありますので、利益準備金及び

その他利益剰余金から資本金への組み入れをする場合、

総合的に有利不利などを検証する必要がありますので、

ご注意を!

参考になったと思った方はをポチッとお願いします。
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
posted by きろむひ at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 税務の記録