2011年05月31日

今日は、新規の顧問契約のご希望を頂戴しました。

社長の情熱がとても伝わり、私は微力ではありますが力に

なりたいと感じています。

このお客様にお会いできたのも、色々な縁が重なってのこ

とです。

常々、日々であうことができた縁を大切にしていきたいと

思います。

手短ですが、三月決算も無事に申告が終わったので少しゆ

っくりとしたいと思います。

posted by きろむひ at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月28日

残念なこと

昨日、現在の状況になる前に勤務していた事務所の先輩から

連絡がありました。

この先輩には、大学卒業してまだ間もないひよっこにいろい

ろと教えて頂いており、とても印象深い方です。

昨年は、飲みにもご一緒させていただいりして、こんなに時

間があいているにも関わらず、本当、よき先輩と勝手に感じ

ている方なのです。

その方は、一言でいえば、優秀、常に論理的に行動し、また

尋常ではないレベルでの効率で仕事に取り組まれる方です。

その方から、ある仕事について受注できるか否かの問合せが

あったのです。

本音で言うと、すごく久しぶりですが、最初はその方と仕事

したいなと思いました。

ですが、とある理由にてお断りすことにしました。

とても、淋しい結果です。

ちょっと、凹みました。

が、自分の仕事に対する想いも大事であるということもあり

ます。

○○さん、すみませんでした。
posted by きろむひ at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月25日

逆転 裁決例精選50

三木先生の著書です。

 逆転裁決例精選50-課税処分取消し事例から探る実務ヒント
 著者:三木義一
 ぎょうせい 2,700円(税別)


現在はpart2、part1はamazonでは、中古出品からしか

購入することができません。

確かに、10年以上前の出版ですから。

納税者の主張が認められた裁決について、事実、それぞれ

の主張、逆転裁決となったポイント、実務での教訓が解説

されており、同種の税務事案を検討する上で大変参考にし

てきました。

三木先生の法の専門家たる税理士であれ!という鼓舞が感

じられる一冊である。

ということで、専門家・実務家向けの書籍です。

amazonで購入できます。



posted by きろむひ at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 専門書の書評

英語高速メソッド日常英会話

専門書の書評ではありませんが、私個人的にですが、毎年

夏になると海外からのホームステイとして外国人の方を自

宅で受け入れいています。

私個人的には、英語が堪能ではなく、私の愚妻がそういう

活動に積極的でありまして。

2年ぐらい前に、一度私も英語のリスニングやヒアリング

というのでしょうか?書いたり、覚えたりという勉強方法

ではなく、手軽に、安く、例えば通勤中に学ぶような方法

はないかと探している中で本屋で見つけたこの本です。

  英語高速メソッド 日常英会話集〈Vol.1〉
  著者:笠原禎一
  新星出版社 1,890円

CD付です。

このCDがミソです。書籍には日常会話の英語と解説が掲載

されています。

その英語が流れるのですが、その流れ方が

 @全文英語が流れる
 
 A一部英語が流れる

 Bその意味の日本語が流れる

 C次の一部の英語が流れる
 
 Dその意味の日本語が流れる

ということなのですが、実際に1ヵ月ぐらい聞いて学んだ

後に自宅に来た外国人の英語が、いままでとは全く違うよ

うに聞こえるんですね。正直これは、びっくり。

今はやりの、エスプリラインのスピードラーニングも同様

なのですが、スピードラーニングは、全文英語で流れてか

ら全文日本語でながれるので、英語のフレーズと意味のマ

ッチングがいまいちだと思います。

石川遼くんのおかげで、スピードラーニングはバカ売れし

ているのでしょうが、すごく高価であるし、そういう意味

でなんで、この本が売れないのか不思議なぐらいです。

笠原さんは、ほかにもいろいろと英語本を出版されている

ようです。

amazonでほとんど購入できるようです。

とにかく、入口として安価にできるリスニングからの英語

勉強本としては秀逸と実感することができた本です。

長くなりました。







posted by きろむひ at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 専門書の書評

検証 税法上の不確定概念

久々の書評です。

 検証 税法上の不確定概念
 著者:山本守之・守行会
 中央経済社 3,800円


税務の取り扱いの中には、著しく・一般に・不相当に・

不当に減少・通常要する、などなど、明確にされていな

い基準が数多く存在します。

これらの問題点とその改善策について、多くの判例を用

いて解説しています。

現在の最新版は第二版で、いままで、何度か参考にさせ

てもらいました。

山本守之先生・守之会が執筆されています。

実務家にはかなりおすすめの書籍です。

amazonで購入することができます。



posted by きろむひ at 14:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 専門書の書評

役員退職金D 昭和61年の国税庁内部基準

東夷京国税局の内部文書情報

否認対象の役員退職金の基準

 1.1億円以上
 2.5,000万円以上で、功績倍率が5.0以上

 ※功績倍率は政経研究所「役員の退職慰労金」
  これは、現在も発売されています(2011年版)

課題であるか否かの判定

 功績倍率法を採用
 ※個別事情を勘案して調整する旨あり
 ※実際の支給事例について、源泉所得税の納付
  事績から、業種別、税務署別に区分してアウ
  トプットされている

ひとつの目安でしょうか?

他の税理士さんのブログなどでも5000万円以下な

らOKと述べられている方もいますが、個別事情が

ありますから、検討は必須です。


  
   
   



参考になったと思った方はをポチッとお願いします。
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
posted by きろむひ at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 税務の記録

役員退職金C 過大な部分の判定(税務上)

損金不算入となる過大役員退職金は判例等により一般的に

次の方法が参考となる。

@功績倍率法

 損金算入限度額=最終月額報酬×金属年数×功績倍率

  ※最終月額報酬が退職役員の貢献度・実績を表してい
   ることが前提となる

  ※平均功績倍率
   類似法人の功績倍率のサンプルの平均

A一年あたり平均額法

 損金算入限度額=1年あたり平均額×勤続年数

  ※1年あたり平均額
   類似法人における(役員退職額÷その勤続年数)
   サンプルの平均


功績倍率法は、最終月額報酬が、特別の場合を除けば当該

役員の在職期間中の功労をもっともよく表していると考え

られること、および類似法人の功績倍率を加味することに

より、退職金適正額を算出するということで合理的とされ

る。

要するに個別要素と外部的水準を考慮することにより、個

別性の尊重と恣意性の排除が実現されているということで

あろう。

しかし、最大の問題?算定の障壁は、類似法人の功績倍率

データは通常一般納税者には困難である。

次に一年あたり平均額法については、最終月額報酬がなん

らかの要因で適正でない場合に、採用する方法としては、

妥当でしょう。

が、功績倍率法と同様に類似法人の退職金額等のデータを

収集することは困難であると考えられます。


参考になったと思った方はをポチッとお願いします。
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
posted by きろむひ at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 税務の記録

2011年05月24日

震災に影響を受けた土地等と相続税

今回の震災により被害を受けられた皆様にお見舞い申し

上げます。

さて、震災後に「原発付近の土地の価格」というタイト

ルでブログを書いたところ、予想外のアクセスがいくつ

かありました。

私の疑念と同じようなことを考えた方がいるのでしょう

か?

さて、震災特例法による相続税等の課税価格の計算の特

例により、

 
 相続税の申告期限が平成23年3月11日以後の者

 が

 3月10日以前に相続等で取得

 し

 3月11日時点所有している

 特定土地等(又は特定株式等)

 に限り

 震災「後」を基準とした価格

 を基に課税価格を計算する

この震災後を基準とした価格というのはまだ検討中

ということです。

しかし、これをみると申告期限が3月10日までの方は

救済されないということですよね。

どこかで線引きをしなければならないので、仕方ない

とは思いますが・・・。

参考になったと思った方はをポチッとお願いします。
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ

posted by きろむひ at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続全般

2011年05月19日

従業員貸付と利息及び契約について

若干、久々の更新です。

体調不良でした。

会社が従業員へ金銭を貸し付ける場合に、利息をどれだけ徴収す

ればよいか?

これについては、まず所得税基本通達36-49(利息相当額の評価)
です。

 1.会社が他から借りて貸し付けた場合⇒その利率
 2.1以外には、貸付前年の一定の日における公定歩合に年4%
   の利率を加算した利率⇒現在では、4.3%

として評価するのですが、続いて所得税基本通達36-28(課税
しない経済的利益…金銭の無利息貸付け等)
 次の場合には課税しなくて差支えない

 1.災害、疾病等により臨時的に多額な生活資金を要することと
   なった役員又は使用人に対して、その資金に充てるために貸
   し付けた金額につき、その返済に要する期間として合理的と
   認められる期間内に受ける経済的利益

 2.役員又は使用人に貸し付けた金額につき、使用人における平
   均調達金利など合理的と認められる貸付利率を定め、これに
   より利息を徴している場合に生じる経済的利益
 
 3.上記以外の貸付金につきうける経済的利益で、その年におけ
   る利益の合計額5,000円以下のもの

着目すべきは「2」です。

36-49によれば、自己資金を貸し付けた場合は、現在4.3%で貸付を

行わなければならなくなる。

しかし、上記「2」を具体例で示すと、年2%で貸付た場合には、

4.3%と2%との差である2.3%分の利益を受けていることになるが、

これには課税しないということ。

従って、借入金の平均調達金利にて貸出利率を設定しておれば、給

与課税されることはないということです。


参考になったと思った方はをポチッとお願いします。
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
posted by きろむひ at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 税務の記録

2011年05月12日

体調改善

体調改善
posted by きろむひ at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年05月11日

役員退職金B 支給手続き

役員退職金は職務執行の対価たる役員報酬の後払的性格

と稼得した利益の分配たる功労報償的性格の二面性を持

ち、その支給は会社法361条の承認の対象となる。

会社法361 取締役の報酬等
取締役の報酬、賞与その他の職務執行の対価として株式
会社から受ける財産上の利益についての次に掲げる事項
は、定款に当該事項を定めていないときは、株主総会の
決議によって定める。
 一 報酬等のうち額が確定しているものについては、
   その額
 二 報酬等のうち額が確定していないものについては、
   その具体的な算定方法
 三 報酬等のうち金銭でないものについては、その具
   体的な内容

従って、株主総会で決議することが原則であるが、規定

等に明示された基準に従って役員退職金を支給する旨の

決議をすることで、具体的な金額、時期、方法などの決

定を取締役会にお一任することができる。

しかし、その基準はいつでも株主が閲覧できることや、

裁量の余地がないこと等の条件が必要になる。

参考になったと思った方はをポチッとお願いします。
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
posted by きろむひ at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 税務の記録

2011年05月10日

役員退職金A 損金不算入規定

近年の改正により、役員報酬と役員退職金の取り扱いは

法人税法上、役員給与として統合された。

役員退職金も、役員報酬と同様に不相当に高額な部分の

金額は「損金不算入(経費にならないイメージ)」とな

る。

法人税法第36条 過大な使用人給与の損金不算入
内国法人がその役員と政令で定める特殊の関係のある使
用人に対して支給する給与(括弧書き省略)の額のうち
不相当に高額な部分の金額として政令で定める金額は、
その内国法人の各事業年度の所得の金額の計算上、損金
の額に算入しない。


第70条A 過大な役員給与の額
内国法人が各事業年度においてその退職した役員に対し
て支給した退職給与の額が、当該役員のその内国法人の
業務に従事した期間、その退職の事情、その内国法人と
同種の事業を営む法人でその事業規模が類似するものの
役員に対する退職給与の支給の状況等に照らし、その退
職した役員に対する退職給与として相当であると認めら
れる金額を超える場合におけるその超える部分の金額


参考になったと思った方はをポチッとお願いします。
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
posted by きろむひ at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 税務の記録

2011年05月09日

体調不良

体調不良
posted by きろむひ at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記