2011年06月30日

組織変更のお知らせ

組織変更のお知らせです。クライアント様には、明日
次のようにご挨拶させて頂いております。

ご 挨 拶


拝啓 時下益々のご清祥のこととお慶び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
さて、このたび当事務所では、社会情勢の変化に対応し、より質の高いサービスを提供するため、下記の通り組織を改編することになりましたので、謹んでご案内申し上げます。
つきましては、お手数をおかけする面もあるかと存じますが、皆様の御期待御要望にお応えできますようより一層業務に精励いたす所存でございますので、なにとぞ今後とも倍旧の御懇情御支援を賜りたくお願い申し上げます。
まずは略儀ながら書中にて組織変更のご挨拶申し上げます。
敬具
 平成23年7月1日



新社名 税理士法人 前田・渡辺合同事務所
代表社員 前 田 岳 志
代表社員 渡 辺 裕 起
※なお 住所・電話番号等に変更はございません
posted by きろむひ at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月28日

借入をする

借入をするには、いろいろな条件が整わなければなり

ません。

その条件は金融機関によって、様々です。

最近、借りたくても借りられない会社、借りる必要が

ないけど、銀行が借りて欲しいと営業される会社、な

んか切ないですね。

posted by きろむひ at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月24日

広告

広告の効果というのは、とても期待とは必ずしも一致し

ません。

しかし、以下にマーケットを分析し、商圏や消費者をい

かに抑えるかというのは重要なことだと思います。

先日、地図のゼンリンの営業の方が名古屋の区ごとの無

料冊子(各区の地図が掲載されている)の広告スポンサ

ーにならないかというお誘いがありました。

郵便配達ができるポストについて、当社であれば、昭和

区全てに配布するそうです。

ちょっと、惹かれましたが、結局見送ることに。

インターネット関連の施策も、完成していないし、もう

すこし、地道に頑張ろうかと。


参考になったと思った方はをポチッとお願いします。
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
posted by きろむひ at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月23日

宥恕規定

宥恕規定を定義づけするほど、私は、学者肌ではない

ので、一般的な考え方という前提で、

「法律行為が要求している条件が不足する場合におい

 ても、一定の場合には、その条件が不足していても

 その法律行為による効果が生じる規定」

う、う、難しいですよね。

もっと、砕けた言い方にすると・・・、

「本当は、認められないけど、こうしてくれるのなら

 認めるときもあるよー」

こんな感じでしょうか。

様々な規定に宥恕規定が、ついています。

宥恕規定がない特例などについては、〇か×ですが、

宥恕規定がある特例は、あとで、何とかなる場合も

あります。

でも、最初から、キチンとやるのが当たりまえです。
posted by きろむひ at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 税務の記録

2011年06月21日

愛知県の県税事務所管轄

ついでに、県税事務所も管轄が分かれているので情報

提供です。

 ■名古屋東部県税事務所

  → 千種区・東区・中区・名東区

 ■名古屋北部県税事務所

  → 北区・西区・守山区・清須市・北名古屋市

   ・西春日井郡

 ■名古屋西部県税事務所

  → 中村区・中川区・港区

 ■名古屋南部県税事務所

  → 昭和区・瑞穂区・熱田区・南区・緑区・天白区

    ・豊明市・日進市・愛知郡


です。

参考になったと思った方はをポチッとお願いします。
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
posted by きろむひ at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 税務の記録

名古屋市の市税事務所管轄

少し前は、各区役所に機能があった市税事務ですが、現在は

市税事務所なるものに変わっています。

覚えですが、その管轄地域情報を提供します。

 ■栄市税事務所

  → 千種区・東区・北区・中区・守山区・名東区

 ■ささしま市税事務所

  → 西区・中村区・中川区・港区

 ■金山市税事務所

  → 昭和区・瑞穂区・熱田区・南区・緑区・天白区

です。

参考になったと思った方はをポチッとお願いします。
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
posted by きろむひ at 09:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 税務の記録

2011年06月20日

青色申告の承認及び取消

最近、会社設立関係の相談がいくつかある中で、青色

申告についての話題があったので。

青色申告にすると税制上の優遇がいくつか受けること

ができるようになります。

例えば、過去の赤字を今年の黒字と相殺できるとか。

青色申告をするためには、届出をしなければなりませ

ん。

この届出は、設立の場合

  @設立日以後3か月を経過した日

  Aその事業年度終了の日

  上記のいずれか早い日まで

ということになっています。期限を超過してしまうと

なんともなりませんので、注意してください。

いままで、ほんのわずかですが、青色申告をしていな

い会社さんに出会ったことがあります。

ひとつは、届出の提出忘れ。

もうひとつは、青色申告していたけど、取り消された。

二つ目は、良くないですね。

青色申告は、帳簿等の備付が義務付けられるのですが、

キチンとできていない場合には取消の対象になります。

また、仮想隠蔽=脱税行為、があった場合。

そして、申告書を提出期限までに提出しない場合。こ

れは、事務運営指針で明らかにされていますが、2期

連続で、期限内申告ができなかった場合に行われます。

全ての取消について、税務署から、あなたの青色申告

は取り消しますね、という通知が届きます。

ちなみに、一度取消された後は、1年以内は、再度青

色申告の承認の届出を提出しても、「却下」されます。

ということで、青色申告の届出及びその後の会社の運

営は、非常に重要ということがお分かり頂けましたで

しょうか。

参考になったと思った方はをポチッとお願いします。
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ


posted by きろむひ at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 税務の記録

2011年06月17日

消費税の改正について@

今日は、諸事情で前職場であるアタックス税理士法人

へお邪魔する予定があったので、当時のスタッフとラ

ンチをしました。

その中で、消費税の適用関係についての話題がありま

したので、改めて昨年の改正と今後改正される予定に

ついて書きたいと思います。

まず、平成22年改正です。

これは、既に施行されていますので周知のことと思い

ますが、いわゆる「自販機スキーム」に対する課税の

網掛けです。詳細はネットで、自販機・消費税・還付

で検索すれば出てくると思います。

で、内容です。

 ・平成22年4月1日以後に開始する事業年度

 ・課税事業者を選択、又は、新設された法人で資本
  金1千万円以上である 場合

 ・100万円以上の棚卸資産以外の資産を取得

 ・資産取得日を含む事業年度から3年間について

 ・免税事業者になれない、また、簡易課税制度を適
  用することができない

として、取り扱うことにより、固定資産に係る消費税

についての調整措置の網にひっかけて、法の盲点をつ

いた還付を阻止するものである。

次に、本来ならば施行済みになっていたものの、現在

平成23年度の税制改正は、震災の影響でままならない

状況であるが、当初の予定では、という前提でお話し

しますので、留意ください。

次回に続きます。

参考になったと思った方はをポチッとお願いします。
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
posted by きろむひ at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 税務の記録

2011年06月15日

雑誌

最近、ちょくちょく雑誌を購入します。

プレジデントとかダイアモンドなどといった、時事

情報誌が多いのですが、はやりもののファッション

雑誌なんかも購入することもあります。

どちらかというと、スーツもの、ビジネス系の、で

すが。

一通り見ると、もったいないけど、捨てることにな

るのですが、なんか、はかない感じがします。

あ、子どもと遊ぶために、子供と遊ぶ系の期間誌も

先日購入しました。

夏ですから、やっぱり中部地区の花火特集みたいの

がついて、アウトドアとか。

夏休みも間近。

小学生の娘には、キチンと目標的なものを持たせて

夏休みを過ごさせたいと思っています。

posted by きろむひ at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月14日

借地権の研修

名古屋税理士協同組合主催の研修がありました。
posted by きろむひ at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月13日

平成23年度税制改正の行方

平成23年度税制改正の行方
posted by きろむひ at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 税務の記録

2011年06月10日

住宅ローン控除は何度でも受けられるか?

住宅ローン控除は何度でも受けることができますか?

こんな質問が、提携している司法書士事務所の方から

ありました。

これから借入を原資に新築されるお客様が、過去に住

宅ローン控除の制度を適用ているそうで、それに対し

ある関係者の方が、過去に適用受けているので今回は

受けられないと説明されたそうな。

そのような規定は存在せず、その他の要件を満たすか

ぎり問題なく、適用することができます。

ただし、前の自宅を売却して、譲渡所得関係の特例を

受けている場合は、一定の制限がありますから、これ

は要注意です!


参考になったと思った方はをポチッとお願いします。
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
posted by きろむひ at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 税務の記録

2011年06月09日

公正証書遺言書の作成

現在、公正証書遺言書の作成支援を行っているので

すが、遺言者の様々な気持ちを整理し、文書化する

ことには大変悩ましいこともあります。

これは、単なる金銭的な処理だけではないからです。

逆に言えば、遺言書なく迎えた相続については、相

続人だけの思惑で遺産分割がされるため、なるよう

にしかならないということを表しているのかもしれ

ません。

ところで、遺言書の作成には自筆証書遺言書、公正

証書遺言書、秘密証書遺言書があるのですが、費用

の面でいうと、公正証書遺言書が一番高くつきます。

私たちに対する報酬や、公証人役場への手数料も発

生するためです。しかし、一番安全なのは、公正証

書遺言書です。

ちなみに、公証人役場の手数料は、財産の金額に応

じて高くなるのですが、財産の構成などは一切考慮

されません。

従って、土地だけで、現金がなくても一定の手数料

が発生します。

こういったことを考えると、担税力等が考慮される

税金の方が理屈は通るのでしょうか?



参考になったと思った方はをポチッとお願いします。
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
posted by きろむひ at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 相続全般

2011年06月08日

木加工の丸惣様

本日は、事務所ホームページでもご紹介させて頂いて

おります、稲沢で木加工業を営む株式会社丸惣様にお

邪魔しました。

社長と、あーでもないこーでもないと営業成績や将来

ビジョンなどについてお話しをしました。

いつも仕事に対する熱意に感服させられます。

今日のお話しの中では、コスプレなどの小道具、例え

ば、剣とかの武器を軽い材質の木材で加工して作成す

るお仕事が興味深かったです。

一点もののため、当然に単価はある程度しますが、コ

スプレファンは一見の価値があるのでは?

ご興味がある方は、下記アドレスにて丸惣様のホーム

ページにリンクしています。

なお、ブログに製品制作過程などが紹介されています

ので、是非ご覧ください。

 http://www.maruso-ms.co.jp

posted by きろむひ at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月07日

金銭消費貸借契約書

金銭消費貸借契約書を作成するにあたっての留意点

を素人がプチ解説します。

最終的な判断は自己及び専門家に相談して下さい。

金銭の貸し借りなので、まずは、契約書を作成しま

しょう。

記載内容については、ネットにたくさん情報がある

ので、作成については困らないと思います。

重要と考えられるのは、貸したお金がキチンと返済

されるか、そして、返済されなかった場合に回収で

きるかということです。

金銭消費貸借契約自体は、書面になっていなくとも

法的には有効である。

しかし、口頭による約束のみでは紛争になった場合

に証明力がなく、貸主に不利益が生じる恐れもある

ため、契約書として書面で作成することが望ましい

次に、借主本人が返済できない場合については、保

証人を立てることによって、債権の回収を担保する。

この保証人契約は、数年前の民法改正によって、書

面によらなければならないこととなっているので、

作成漏れがないようにしなければならない。

また、さらに返済が滞った場合に、強制的な財産の

処分執行等が行えるようにする場合には、金銭消費

貸借契約を公正証書によることになる。

先に公正証書にできるように、通常の金銭消費貸借

契約書を作成すると同時に、借主から委任状をとっ

ておくことも有効である(?ちょっと自信がない)

ただし、この場合印鑑証明書は6ヶ月以内のもので

あるから、改めて印鑑証明書が必要となる。

さらに、金銭消費貸借契約書に、一定の文言を入れ

る必要がある。

このあたりについても、多くの司法書士の方々がサ

イトに情報提供していますので、興味のある方は検

索してみてください。


参考になったと思った方はをポチッとお願いします。
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
posted by きろむひ at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月06日

法人設立時の注意点

ここのところ、2件ほど法人の設立の案件がありま

した。

法人の設立にあたって、少し気になることがあった

ので、記事にしたいと感じました。

まず、少し気になることというのは、設立登記事務

は司法書士の方が行うか、当人が行うことになりま

す。

インターネットのサイトで、設立登記を請け負うも

のも、大変多く見られます。

そういった場合に、例えば、会社名、住所等といっ

た基礎情報だけを基に設立してしまう、要するに熟

慮すべきことが落ちている場合があるわけです。

では、簡単にいきます。

 1.公告方法
   → 実際に公告する際に費用として影響します

 2.決算期
   → 業績の季節変動、在庫を有する事業の場合
     考慮必要

 3.役員任期
   → 10年まで可能

こういったことを考慮していますか?


参考になったと思った方はをポチッとお願いします。
にほんブログ村 士業ブログ 税理士へ
posted by きろむひ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 税務の記録

2011年06月04日

5月は反省

昨年の9月にブログを始めてから、前月5月は、最低の投稿

でした。

営業日には必ず記事を投稿しようと誓っていたのにも関わ

らず情けないです。

確かに先月忙しかったのも事実です。

忙しいとは、心を亡くすと書きます。

そういう仕事のスタイルを真っ向から否定しているのに、

忙しいを理由に、自分の中の決め事を疎かにしたことが

本当に残念。

しかし、後ろを振り返ることも大事ですが、常に前を向

いていかなければなりません。

今月も諸事情により、バタバタしますがやってやります。

諸事情については、後日ブログでも公表しますので、楽

しみ(?)にしていてください。
posted by きろむひ at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2011年06月03日

脱税と検索してみる

検索エンジンに「脱税」のワードを入力し、検索してみる。

あー、いろいろな脱税事件がでてきますね。

最近のものがやっぱり上位にきます。ニューハーフ?美容研

究家?知らない方だけど、法人税法違反。

JPモルガン証券の部長、所得税法違反。

このJPモルガン証券の部長は、ストックオプションで得た利

益1億4千万円を申告せずにいた。

報道によれば、このほか約100人の社員が申告漏れを指摘

されているという。

税理士という立場でこの事件の感想を述べるのであれば、こ

のような多額の利益を得たにもかかわらず、申告していない

ということは意図的であるとしか思えない。

通常、これだけの利益を得たら、税金ってかからないの?っ

てふつうの大人なら思いませんか?

これは、税理士であるから、当たり前と感じることでしょう

か?

また、会社側は関係ない話、そう、所得税ですから、かつ、

申告所得税ですから。でも、でも、社会的にそれなりな規模

を持つ証券会社であるならば、社会的な影響もリスクとして

考慮するでしょうから、その得た利益に関する課税上の情報

提供するように思うんだけどな〜?

こんな金額稼いでみたいですね!

稼げたら、当然ですが、私は申告しますよ。

今日は、取り留めなくこの辺で。

posted by きろむひ at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 税務の記録

2011年06月02日

人間ドックの費用

体が資本のこの仕事(?)ということで、毎年人間ドック

に行っています。

会社の費用ですが・・・。

さて、この費用を会社が負担することについて、課税上の

問題は生じないのでしょうか?

これについて参考にしなければならないのは所基通36-29

です。

36-29 課税しない経済的利益
    用役の提供等使用者が役員若しくは使用人に対し
    自己の営む事業に属する用役を無償若しくは通常
    の対価の額に満たない対価で提供し、又は役員若
    しくは使用人の福利厚生のための施設の運営費等
    を負担することにより、当該用役の提供を受け又
    は当該施設を利用した役員又は使用人が受ける経
    済的利益については、当該経済的利益の額が著し
    く多額であると認められる場合又は役員だけを対
    象として供与される場合を除き、課税しなくて差
    し支えない。

簡単に解説すると、会社が、使用人や役員に対し、福利厚

生に関して役務の提供をおこなったことによって受ける経

済的利益については、「一部」の使用人や「一部」の役員

のみが対象でないこと、あるいは、その受ける利益の金額

が多額でないことを条件に課税しないとされているのです。

したがって、私の人間ドック費用は、会社全員が受けるも

のなので、課税しなくてさしつかえないということになり

ます。

さて、今年の結果はいかに?

posted by きろむひ at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 税務の記録