2018年01月18日

相続税の調査の状況

今回は国税庁が平成28年11月に発表した相続税の

実地調査についてのデータからその実態を考えてみ

たい。

実地調査というのは、一般的な表現にすれば「税務

調査」である。

発表資料は「平成27事務年度における相続税の調査

の状況について」である。

平成27事務年度の場合、平成25年に発生した相続が

中心となり、

 税務調査の件数は11,935件

 非違事案件数 9,761件
 ※非違=ざっくりと言えば何等か間違いがあった申告

 なんと81.8%です。

 これは、驚く数字ではなく、例年概ね80%です。

これは何を示しているかということですが、わかりやすく

言うと

 税務調査に来られたら、80%のケースで問題が発覚して

いる。


なお、申告漏れ財産のトップは現金預金です。

 この状況から判断しても

  名義預金

  生前贈与

  直前の資金引出

こういった王道の論点が問題なっていると思うと

すこし寂しく感じます。

相続税関係でご不安をお持ちの方はご相談ください。

相続税の申告相談はコチラへ↓

 http://inheritance-coordinator.com/

創業に関するご相談はコチラへ↓

 https://business-supporter.com/
posted by きろむひ at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 税務の記録