2017年09月19日

ふるさと納税の返戻品の評価(一時所得)はいかに

ふるさと納税がテーマのガイアの夜明けをみました。

税務上、ふるさと納税の返戻品は一時所得になるこ

とは既に周知されてきたと感じます。

これまで、何人もふるさと納税がある方の所得税の

確定申告はしてきました。

ふるさと納税でネット検索してみると「ふるさとチョ

イス」というサイトが最初に出てきます。

当該サイトに「お礼の品の合計が50万円を超えた場合、

またはほかの一時所得の金額との合計が50万円を超え

ている場合は、ふるさと納税のお礼の品は、一時所得

として課税されます。」と小さな字で記載があります。

一般の方はお礼品の合計が50万円を越える場合なんて

関係ないでしょう。

ところが、ふるさと納税以外に一時所得がある方や、

ふるさと納税を相当金額で実行している方はこの辺り

について、税務上気にする必要が生じます。

総務大臣通知によると、寄付金額に対する返戻品の調達

価格割合を三割以下にしなさい、ということです。

そうすると、一時所得の計算上、返戻品についての収入

金額を評価する際に、この三割という基準は相当使える

のではないかと感じました。

というのも調達価格=時価ではないですが、

寄付金額 × 30% =収入金額 

として確定申告すれば、総務大臣が30%としなさいと

通知し、ほとんどの自治体がおそらく守っているであろ

うからいいでしょ。と。

30%以下にせよと、言っている。ひょっとしたらもっ

と低いかも。

と、考えますが、如何でしょうか?

本日の記事との関係性はありませんが、

相続税の申告相談はコチラへ↓

 http://inheritance-coordinator.com/

posted by きろむひ at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 税務の記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181037951

この記事へのトラックバック