2017年10月19日

所得税法上の青色申告の特色

本日、顧問先法人の社長の奥様より突然のお電話。

開口一番
「私とんでもないことをしてしまいました。」

え、

先日申告したばかりの法人の申告でなにか・・・・・

ドキドキ、ドキドキ


「社長の確定申告を提出するのを忘れていました。。
。。」



社長は法人に不動産を少し貸し付けているため不動産
所得があるのですが、内容が毎年同じで簡単なので奥
様がご自身で処理されていたのです。

青色申告でありますが、事業的規模ではないため、青
色申告特別控除は10万のケースです。

さて、申告期限は過ぎています。

ということは期限後申告となりますから青色申告特別控
除の特典は受けられないでしょうか?

いえ、受けることができます。10万円の控除は受けるこ
とができます。期限内申告の条件があるのは65万円の方
なんです。


ちなみに、法人税の青色申告については2期連続の期限後
申告すると以後青色申告を取り消されてしまいますが、
所得税の青色申告にはこの取扱いはありません。

したがって、10万円の青色申告特別控除をして申告義務
が生じなければ提出しないということで問題なしという
ことです。

で、話は今回のご相談は、、、、

そもそも申告義務が生じないので提出していないのが通
常ということを解説しました。

奥様はほっとしていましたが、

後で社長になんと言われたのか心配です。。。。。。

相続税の申告相談はコチラへ↓

 http://inheritance-coordinator.com/
posted by きろむひ at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 税務の記録
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181321316

この記事へのトラックバック